9月からベルギーへ交換留学に来ています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
About Italy
先日(いつか覚えていない・・・)
ご飯を食べているときに偶然 クラウディア姉さん(イタリア人)と一緒になり話しをした。

前の日に、姉さんが勉強している内容を聞いていたので
その話から始まり、私の勉強していることも話した。

最後のFilm Historyの授業で
イタリアのネオ・レアリズモを勉強し、デ・シーカの『自転車泥棒』を観たばかりだったと話した。

その日は、たくさんのイタリアの映画を観て、
なぜかほとんどフランス語字幕で、困った(笑

『自転車泥棒』は、最後の何分かのシーン。

実は、話は何度も聞いたことあったが、見るのは初めてだった。。。

自転車があれば仕事に就ける。
しかし、父親は自転車を盗まれてしまう。最後は、他人の自転車を盗んで・・・という話。

イタリア語に、フランス語字幕という状態も、関係なく
私は1人で、最後のシーンに涙が止まらなかった。。

そんな話を、姉さんとしていて
デ・シーカとかロッセリーニとかの本場の発音を聞いて、ちょっと鳥肌がたった(笑


「アメリカ人は、イタリア人監督を誰一人として知らない!!カモ~ン!」
「イタリアの映画は、75%がアメリカ映画で、あと25%が他の国だ(姉さん談)」
「今の、イタリアにいい監督はいない!!カモ~ン!!」

映画史でいったら、重要な位置を占めるイタリア映画の現在は、
廃れているようだ。

最後は、政治の話になって混乱した。
私は、「首相」という単語を忘れて、何がなんだがわからなくなった。

とりあえず、姉さんと映画の話?ができて楽しかったということと
もっと政治の単語を知らなければ・・・と思った日だったのでした。。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© こんにちは、ベルギー. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。