9月からベルギーへ交換留学に来ています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
Oh my God...
今日は、ドキュメンタリー映画祭会場に入り浸り(笑

いつも満席で、見れなかったけど
今日の映画は、チケットが残っていた。

「クリエイター オブ ショッピングワールド」(独)

「レリギュラウス」(米)

「クリエイター オブ ショッピングワールド」は、
サウンド:ドイツ語、字幕:英語(初挑戦)

ドキュメンタリーだから、話すのが早い早い。
字幕に追いつけん。

内容は、ショッピングセンターの建設
・客をどうやって入れるか
・購入するときの流れ

おもしろそうな内容なんだけど、 あんまりおもしろくなかった(笑

2本目「レリギュラウス」
宗教 と ばかげた の造語。
religulous_1.jpg
http://www.cinemaonline.jp/review/bei/4760.html


↑レビューが読めます。

英語が理解できなかったので、帰国したらDVDでもう一度見たいと思った。

でも、ちょっとね、
編集が良くないな・・・と。

理解できていないけど、無理やり語るとすれば

宗教がなくなれば 戦争はなくなるのか?ではなくて、

宗教があるから、戦争がある。

インタビュアーの質問が、変だから(?)
一生懸命、答える宗教信者が 「ばかげて」見える。

私が唯一理解できた質問
イ:「天国を信じている?死んだら、いいところへ行ける?」
信:「信じている」
イ:「じゃ、自分で自分を殺せば??」
信:「でも、私はミッションがあって、この世界に生きているから・・・」

最後は、きれいに?まとめてあったけど、
やっぱり宗教って難しい。

もう少し、違った視点で 作れば
「表現の自由」とか、いろんな面で評価できる作品になると思う。。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© こんにちは、ベルギー. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。