9月からベルギーへ交換留学に来ています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
たくさんの人に
私の担当の方からメールがきていました。

ベルギーの大学からの入学届けが4月終わりになるということです。
たくさんの留学生がいるようです。

私が行くであろう大学は、世界中から留学生を受け入れています。
忙しいんだろうな・・・。


1人ではなく、担当の方がいるので安心です。
一応、自分でなんとか頑張ってみてダメだと思ったとき
助けを求めに行きます。
いつも助かります。ありがとうございます。

そして、英米文学の先生方
いろいろ助けてもらっています。

みなさんありがとうございます。


スポンサーサイト
page top
交換留学までの道
「大学を卒業するまでに海外で勉強したい」ということが私の目標でした。

私費留学は、経済的に無理だと思っていたので、もし留学するなら「交換留学」しかないと思っていました。

アメリカなどに出願するにはTOEFLのスコアが必要条件でした。
2年生のとき、今のままの英語力では無理だと思い、3年生になって出願することにしました。
一応、TOEFLを受けました。

結果は・・・・・スコアが条件にとどきません。

それでも、私は留学したかったので出願しようと準備していました。


その時、いろいろなことがあり
最終的に私は「ポーランド」を希望留学先として出願しました。

しかし、面接の際、ポーランドの大学から連絡が来ないということを聞かされました。

「もう留学することはできないのか・・・」と一瞬思いました。

その代わり「同じヨーロッパ圏であるベルギーはどうか」と言われたのです。



それが私のベルギー交換留学が決まった理由です。

「棚からぼた餅」です(笑)
ベルギーを知るにつれてそう思い始めました。

英語もままならない私が、オランダ語圏のベルギーへの留学です。
おそらく英語ができれば、心配はないと思いますが不安いっぱいです。

しかし、留学先の大学がとても素晴らしいので、本当にこの偶然のチャンスを自分のものにしたいです。


交換留学しようと思った2007年4月から、アルバイトを1つ増やしました。
大学とアルバイト2つは、とても大変でした・・・。
そんなときは、「この辛さが自分の留学への第一歩だ」と言い聞かせて踏ん張りました。

「なんでそんなにアルバイトするの?」と言われたこともありました。
留学は決まってないことだから、答えづらかったです。
あの時もそして今も、自分の夢のために働いていました。
やっと、追いかけていた夢を掴みかけました。

これがゴールではなく、スタートです、やっとスタート地点に立つことができました。
ゴールを目指して、私のペースで走っていきます。
page top
健康診断
聖路加国際病院から封筒が届きました。

検尿について。
集合時間とかの紙。
費用のこと。

お金かかるなぁ~。

尿検査は、大学の検査でもよくひっかかるんでちょっと心配です。
しばらく、生活に気をつけます(今からじゃ遅いか)

いや~聖路加国際病院なんて、すごいなぁ築地駅かぁ初めて行きます。

「なぜ日曜日に休むんだい?」

「教会に行くからさ」



映画の中で、印象に残ったシーン。

私にとって土日は、働く日なんでそんな考えをもったことは
ありませんでした。
それが当たり前なんてすごいなぁ。

ちなみに、アル中の主人公は
バーが午後からの営業になる休みが辛いと言ってました(オイッ)
Sundaymorning.jpg

© こんにちは、ベルギー. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。