9月からベルギーへ交換留学に来ています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
終わりから始まりへ
今日、ベルギーで10カ月間、共に過ごしてきた3人と会ってきました。

私を含めて4人で、会うのはこれが初めてで。。。

日本で会うことは初めてで、日本で会うことがなんだか変な感じ。
でも、毎日一緒にご飯を食べて、
出かけて、アイス食べたり、ビール飲んだり、踊ったり
おりがみ売ったりしていたので、やっぱり普通でした。

しかし、私としては やっと「留学」が終わった気がしました。

ずっと夢だった留学

英語も話せず、渡った留学
海外での初めての生活
スペイン人・イタリア人・アメリカ人・韓国人・フランス人・ベルギー人 その他たくさんの国の友人
笑って、怒って、落ち込んで

でも、映画に癒されて
街に癒されて
家族・友人に励まされ



10ヶ月間、あっという間でした 

Leuvenという街で住んでいたことさえ もはや夢のような感じがします。


帰国してから、
「ベルギーから帰ってきた」けれど・・・
時差で体調を崩し、やるべきこともいろいろとやれず、
自分の中でもやもやとしていました。

それが、はっきりと自覚できました。

ベルギーで一緒だったメンバーと会い、話すことで
「私の留学の終わり」を感じたのです。

帰国してからも、私の留学生活は終わっていなかったのだと思います。
ただベルギーにいないだけで。

そして、やっと私はまた スタート地点に立てました。

留学が終わってから、またこれから新しい自分の生活のスタートです。

今でも鮮やかに、
市庁舎の建物が目に浮かびます。

すごいところにやってきた・・・と思った初日から、
やっと終わりがきました。

またこれから、がんばっていこうとおもいました。







スポンサーサイト
page top
ベルギー幻想美術
Bunkamura ベルギー幻想美術館 クノップフからデルヴォー、マグリットまで

観てきました。

ブリュッセル
オステンド
ナミュール

解説に書かれいてる地名だけで、1人でにやけていました。


彼の作品を知ったのは、留学してからでした(たぶん)

今年ブリュッセルに大きな美術館ができたのですが、
予約が必要だとわからず、帰国前に行ったら 結局見れず・・・
泣く泣く帰ってきました。。

そんなマグリットの作品も、たくさん展示してあり 個人的には
マグリットのコーナーで、にやけていました。

マグリットのエッチングを見ることは あまりなかったので新鮮でした。




ポール・デルヴォー

デルヴォーの作品は、展示の最後まで続き この展示の目玉となっていました。


帰国して、まさかベルギーの展覧会が見れるなんて・・・

そしてショップに置かれていた本を見て、
あまり飲んでいなかったけど、ビールが恋しくなったり
Leuvenのページにうつっている市庁舎を見て、
駅からの道を思い出していました。






© こんにちは、ベルギー. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。